米寿を祝う熨斗(のし)・水引を学ぼう

このページをご覧になられているということは、近々米寿のお祝いをされる方々かと存じます。そしてその多くがお父さんお母さんをお祝いしようとしているお子さんやご兄弟、ご親戚かと思います。結婚もされていたり、披露宴やご葬儀などにも出席された経験が多々お有りかと存じますので、マナーや意味についても既にご存知かと思いますが、改めてここで米寿祝いの熨斗(のし)と水引について学んでいきましょう。

熨斗(のし)とは?水引とは?

熨斗(のし)とは?

熨斗とは

熨斗(のし)とは、一般的には慶事における贈り物や贈答品に添える飾りになります。紅白の紐の部分ではなく、熨斗紙などを掛けた際、右上のあたりにある飾りの部分を熨斗といいます。
詳しくは → 「熨斗(のし)の起源

熨斗とは

熨斗(のし)とは、一般的には慶事における贈り物や贈答品に添える飾りになります。紅白の紐の部分ではなく、熨斗紙などを掛けた際、右上のあたりにある飾りの部分を熨斗といいます。
詳しくは → 「熨斗の起源

水引とは?

水引とは

水引とは、祝儀袋や不祝儀袋・贈答品の包み紙に掛けられる飾りの紐のことです。出産や入学、卒業、就職祝い等、婚礼以外のお祝い事に用いられる赤白の水引や、結納や結婚祝いに使用される金と銀の水引(赤白と同様の使い方をしている地域もあります)、慶事ごとには、紅白や金銀のおめでたい色をしようします。黒白、紫白、黄銀などは、香典等の仏事に用いられています。
詳しくは → 「水引の起源

水引とは

水引とは、祝儀袋や不祝儀袋・贈答品の包み紙に掛けられる飾りの紐のことです。出産や入学、卒業、就職祝い等、婚礼以外のお祝い事に用いられる赤白の水引や、結納や結婚祝いに使用される金と銀の水引(赤白と同様の使い方をしている地域もあります)、慶事ごとには、紅白や金銀のおめでたい色をしようします。黒白、紫白、黄銀などは、香典等の仏事に用いられています。
詳しくは → 「水引の起源

長寿のお祝い「米寿の熨斗」

米寿を迎える方へのプレゼントに熨斗紙を掛けることによって、「改まった気持ちでお贈りいたします」という、大切な意思表示になります。

表書きとは

熨斗紙を真上から見た場合、水引を境に上段の部分を「表書き(おもてがき)」といいます。表書きの箇所に「御祝」や「感謝」といった、いわゆるタイトルを書いて贈り物に掛けましょう。

表書きとは

熨斗紙を真上から見た場合、水引を境に上段の部分を「表書き(おもてがき)」といいます。表書きの箇所に「御祝」や「感謝」といった、いわゆるタイトルを書いて贈り物に掛けましょう。

米寿の場合、下記写真のように、「米寿御祝」「祝米寿」「感謝」の表書きにされる方が多く人気です。

<米寿御祝の熨斗>

米寿御祝の熨斗

<祝米寿の熨斗>

祝米寿の熨斗

<感謝の熨斗>

感謝の熨斗

表書きは基本的に「御祝」「御礼」「寿」「御歳暮」「内祝」などの一般的な書き方をしますが、近年では「ありがとう」や「いつも笑顔で」などの、少し砕けたメッセージカードのような使い方をされる方もいらっしゃいます。

米寿のお祝いなどは親族のみで行うことが多いため、身内で執り行う観点から、「気持ちが伝わる」「相手に喜んでもらえる」「お孫さんからおじいちゃんへ」など、様々な工夫をされる方が増えてきたという現れでしょう。

米寿祝いの水引

水引とについて

贈答品に掛ける紙紐のことを「水引(みずひき)」といいます。水引には大きく分けると「蝶結び」と「結び切り」の二種類があります。この二種類の水引は大きく意味が異なりますので、使う時には注意しなければなりません。
詳しくは → 「水引の種類

水引とについて

贈答品に掛ける紙紐のことを「水引(みずひき)」といいます。水引には大きく分けると「蝶結び」と「結び切り」の二種類があります。この二種類の水引は大きく意味が異なりますので、使う時には注意しなければなりません。
詳しくは → 「水引の種類

<蝶結び(花結び)>

蝶結びの水引

「蝶結び」(花結び)は、何度もほどいたり結んだり結び直しが出来ることから、
「何度あっても良い事」として使用します。

<結び切り(本結び)>

蝶結びの水引

「結び切り」(本結び)は、一度だけで繰り返さないという意味を込め、
二度とほどけないほど固く結び、「何度もあってはいけない事」として使用します。

長寿祝いには蝶結びの水引を

88歳の米寿祝いは一生に一度しかないお祝いのため、まれに「結び切り」と勘違いをされてしまう方もいらっしゃいますが、長寿のお祝い事は何度あっても良いことなので、「花結び(蝶結び)」が正しい水引です。次の長寿祝いである「卒寿」まで、ずっと長生きしてほしいという願いをこめて、長寿祝いの水引には「花結び」(蝶結び)を使用しましょう。

長寿祝いには蝶結びの水引を

88歳の米寿祝いは一生に一度しかないお祝いのため、まれに「結び切り」と勘違いをされてしまう方もいらっしゃいますが、長寿のお祝い事は何度あっても良いことなので、「花結び(蝶結び)」が正しい水引です。次の長寿祝いである「卒寿」まで、ずっと長生きしてほしいという願いをこめて、長寿祝いの水引には「花結び」(蝶結び)を使用しましょう。

10月18日15時00分までのご注文は

1018日(水)から発送可能です。

即日発送についてのご案内

米寿祝いの名入れ酒は即日発送可能

今年(2017年)米寿の方は1929年(昭和4年)生まれです

米寿祝いに贈る名入れ酒のよくあるご質問

記念日新聞の休刊日検索

メッセージカード無料サービス

米寿祝いのご注文はFAXでもOK

米寿名入れ酒グッドデザイン賞受賞

電話番号

米寿祝いの名入れ商品はFAXでも注文可能

会員募集

営業時間について

【営業時間】平日9:30~18:30

日・祝日はお休みをいただいております。

定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。

お電話については、休日や夜間は転送にてスタッフに繋がります。携帯電話への転送のため、出られない場合がございます。その際はお時間を改めてお掛け直しいただくか、留守番電話にメッセージを残してください。折り返しお電話を差し上げます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。